2013年10月12日
 ■  MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~

MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~
MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~

知恵と勇気であらゆるピンチを切り抜けたり、
切り抜けられずにもみくちゃにされるのを楽しむターン制アクションゲーム(※)。
プレイヤーキャラクター:ひとり。
プレイヤー人数:ひとり。
イベントCG枚数:4〜
絶頂カットイン数:5×3コマ(※フォルダ読み込み式)
立ち絵ポーズ:2種
立ち絵衣装数:4+その派生装備(予定)。他手足など小物。

妊娠・ふたなりの表現もありますが、見た目と表示名のオンオフが可能です。

“時は前代、世紀が初頭。
 粉雪舞い散る闇夜の大路に、曳くは白刃、吠えるは白煙。
 悪魔祓いが一人往く。”

ランダム生成される人外魔境を舞台に、メイデンスノウと呼ばれる祓魔騎士、あるいはシスター・ローランの、剣が魔術が銃撃が、ひしめく魔物を討ち祓う。

討ち祓えなかったりもする。

ほぼ全ての行動選択をワンアクションで(※)実行する、臨場感溢れるターン進行を実現。

しつつ、
恥辱や快楽、劣情を与える攻撃・トラップにより戦闘不能に陥るだとか、
はたまた無数の敵からの攻撃に屈し、なす術も無く陵辱されるであるとか、
全力で戦った末のピンチや敗北を満喫するためのゲームです。
もちろん望むならば、敗北し、陵辱されてもなお反撃のチャンスを窺うことが可能ですし、
本気でターン制アクション陵辱ゲームを攻略することも可能です。

※ そう、服従・拒絶といった陵辱中のスタンス選択まで。
  敗北中の陵辱や、イベント中の行為も基本的にキーレスで進行できます。

人によってはなんぼ本気でやってもぐちょぐちょにされてしまったり、色々されすぎて、まともに戦えない身体になってしまう事もあるでしょう。
しかし、それでも少しコツを掴んだり、初心者モードで遊ぶならば、犯され這いずりながらでもゲームや衣装コレクションはそれなりに進行します。

また、ゲーム的なデータは引き継ぎながらも任意にリスタートしたり、
性癖や陵辱経験は閲覧や読み込み用に出力しつつ、リセットしたり。
フラグや状態管理に煩わされないプレイが可能になります。