2008年11月05日
 ■  魔女ッ娘裁判


魔女ッ娘裁判

魔術を使う者を生かしておいてはならない。

誰かが呟き、誰かが石を投げた。

静かに森に住む魔女、アルエ。
だが、その静かな日常は軍靴の行進によって遮られた。

捕らえられ、辱めを受け、それでも魔女の瞳は諦めることを知らない。

輪姦、異種姦、触手姦、
ファンタジーのお約束を全部詰め込んで贈る陵辱劇・TAD第9弾『魔女ッ娘裁判』