2009年10月31日
 ■  シュレーディンガーの扉


シュレーディンガーの扉

幼い頃から育んできた大切な絆。
幼馴染の恋人の玲菜と俺は充実した学生生活を過ごしていた。
あの事件が起きるまでは……。

大切な幼馴染の恋人の心に何が起きていたのか……、
俺は考えもしなかった…。
ほんの少しだけすれ違ってしまった心につけ込まれた彼女。
偽りの愛を囁かれ、一時と信じて後輩の男に身を任せてしまった後悔。
逃れられない肉欲の先にはあるものは…。


これは、お互いを信じあい、深く愛し合っていた恋人が
寝取られてしまうAVGです。
恋人との甘い学生生活、そして結婚、妊娠…………。
その裏で行われていた背徳の行為。
背徳の悦楽を知ってしまった彼女にあなたはいつ気づく
ことが出来るでしょうか…。