2009年06月06日
 ■  五年後の嗚咽


五年後の嗚咽

父の仕事の都合で五年ぶりに故郷に戻った僕。
思い出すのは昔良く一緒に遊んだ幼馴染の「稲子」のこと。
今でも僕は彼女のことが好きだった。

僕は稲子と同じ高校・クラスに編入する。
「稲子、彼氏いないぜ」
そんなクラスメートの冷やかしに無関心を装いながらも
心の中では安堵の一言だった。

稲子が僕に向ける昔と変わらぬ笑顔。
きっと彼女も僕のことを・・・
これからはまた昔のように、いやそれ以上の仲になれる・・・
そんなドラマじみた未来を夢みていたのは
僕だけだったんだろうか・・・

僕はあの日覗き見てしまう。
蒸し暑い夏の夕暮れどき、少し開いた窓から
一児の父である男に抱かれ、悶える稲子の姿を・・・

五年間美化してしまった稲子との思い出が
今、汚泥となって崩れ落ちていく・・・

[CG枚数は差分抜き・ノベルパートの挿絵等抜きで34枚。
画像単体もサイズごとに収録しています]

2008年11月04日
 ■  VHS


VHS

校内でも有名な七○美雪さん。彼女に振られた男は数知れず。
まぁ僕もその内の一人なのだが。
とうに諦め、忘れようと思っていたはずの彼女だったが
隣町のボロっちいビデオショップで僕は見付けてしまった・・・とんでもないビデオを。

そのブルセラショップもののビデオの生写真、
それは確かに見覚えのある人の姿だった。

購入した僕はそれを家のデッキにセット、そして絶句する。
そう、ブラウン管に映し出されたのは・・・紛れも無く「その人」だった。


画面右のセリフやフェードなどをカットし、CGのみを閲覧出来るCGモードもあります。
CG枚数は差分抜きで63枚。画像単体も収録しています。