2008年06月16日
 ■  美少女まいキケンなお年頃


美少女まいキケンなお年頃

×学×年生のロリっ娘が、おしかけ彼女な、えろえろアドベンチャーゲームです。
主人公(デフォルト名:田宮将平)は、公営図書館の職員。
ある日、図書館に現れた、とある少女の姿を目にした彼は、激しく動揺した。
何故なら、その少女は、×学校時代の同級生、二宮舞香(にのみや・まいか)に瓜二つだったのだ。
実は、将平と舞香は、×2歳当時、×学生でありながら、肉体関係を持っていた。
ところが、×学校を卒業する頃、舞香は突然引っ越し、以来、音信不通となっていた。
その頃の体験が強烈だったせいか、彼女が突然去っていった喪失感のせいか、いつしか将平は、×学×年生の少女にしか、興味を持てなくなっていた。
そんなある日のこと。例の少女から「高いところにある本が読みたいんですけど」と、声をかけられる将平。
お目当ての本を書棚から取りだし、彼女に手渡す。改めて少女の姿を間近に見た彼は、動揺を隠せずオロオロしてしまう。
少女の名は瀬川舞菜(せがわ・まいな)×学×年生の×1歳。その日以来、舞菜は度々、将平に声をかけてくるようになる。
そして…。