2012年01月23日
 ■  三淫姉妹物語


三淫姉妹物語

「生ち●ちんください」と言われると断れない気弱なボクの性格につけこんで、
弧を描くようにしてモリマンを押しつけてくるさくら、かえで、ひなた三姉妹。

これはボクが前立腺に操られて描いた、ザーメンまみれの空前の記録。
キツめ、ゆるふわ、クールミント、三種の生オナホで心ゆくまでコキ倒す!

~story~

僕は引きこもり気味の怠惰な学生です。


本当ならこの春から一人暮らしが始まるはずでした。


それが父の一言で全てかわってしまったのです。


「お前の大学の近くに親戚の家があるから、そこに下宿してこい」

一人暮らしを始めたら毎日オナニー三昧だったはずなのに・・・
現実は残酷すぎます。

言っちゃなんですが、僕のち●ぽはやたらとデカいです。
デカさに比例して性欲もすんごいらしく、最高記録で一日24回もオナニーしたことがあります。
実家にいた頃は有り余る性欲をどう親に隠れて処理するか、それが悩みでした。

ですがそういう場合、得てして天は二物を与えないものです。

そんな絶倫を生かすチャンスも、アニメヲタクの僕には訪れるはずもありません。。


だからずっと憂鬱だったんです。


親戚の家に下宿だって・・・


顔も見たことない、ほとんど他人の家みたいなところでどうやって
隠れてセンズリこけばいいんだろう・・・


そんな悩みを抱えながら、親戚の家に着きました。


ドアを開けたら、3人の眼を疑うような美少女達がいました。

彼女達は僕を汚いモノでもみるような眼で眺めまわしていましたが、

やがて僕の膨れ上がった股間を見るなり、発情のように襲いかかってきたのです。


その日から、僕の巨大ち●ぽの勃起が収まる事はありませんでした。


~イントロダクション~


巨乳で天然お姉さんの長女、桜。

ミステリアスでクールな美貌を持つ次女、楓。

まだ●学生ながら、既に小悪魔的な魅力を備えた三女、日向。


揃って街を歩けば誰もが振り返るような美少女三姉妹。

実は彼女達は、両親ですら誰にも知らない秘密があったのでした。

それは三人ともセックス狂いの変態色情魔だということ。

そんな淫乱三姉妹と、とある童貞男の、セックス三昧のお話。

監修:HAPPY STUDIO